キラキラした毎日を送りたい

カミソリの替刃のサブスクで交換頻度もう迷わない!【替刃の格安定期購入】

カミソリの替刃のサブスク

カミソリの替刃の最適な交換時期っていつなのか?

カミソリ負けに悩まさせられていたら、直接肌に触れるカミソリの替刃の交換時期の大切さを知りました。

カミソリを最適な時期に交換できるサービスがあります。

業界最安値で替刃を定期購入できるカミソリの替刃のサブスクサービスについてご紹介します。

 

 

この記事はこんな方におすすめ!

カミソリのサブスクリプションサービスについてまとめています。

こんな方に読んで欲しい
  • 男性はもちろん女性にもおすすめしたい
  • T字カミソリ派の方
  • カミソリの替刃が高いと感じる方
  • 敏感肌でカミソリ負けにお悩みの方
  • カミソリの刃の交換時期がわからない&管理できない方
  • 使っている剃刀のメーカーを忘れてどの替刃を購入すべきか迷う方
 
詳細はこちら Galleido Shaving Member
 
 

サブスクリプションとは?

近頃、様々な分野で普及しているサブスクリプション(サブスク)。
 
サブスクリプションとは、もともと英語で雑誌の予約購読や年間購読といった意味があります。
 
商品ごとに金額を支払うのでなく、定額料金で一定期間、決まった商品やサービスを受けることのできるビジネスモデルです。
 
最近では、定額制サービスで月額を支払えば、音楽聴き放題や動画見放題といったサービスを利用されている方も多いのではないでしょうか?
 
そんなサブスクサービスにカミソリの替刃の定期購入サービスがあります。
 
 
 

カミソリの使用について

カミソリ

日頃、男性は髭を剃るのにカミソリやシェーバーを使いますよね。

 
我が家も夫と父がそれぞれ使っていますが、夫は髭がうすいためあまりこだわりがなさそうです。
 
 
対して、父は髭が濃いのでちょっと良さげなT字カミソリとシェービングフォームを使って毎朝髭剃りをしています。
 
 
男性にとっては、いろいろこだわりがあるかと思いますが実は、女性にとってもこだわりがあります。
 
 
私は、顔の産毛剃りと無駄毛の処理などにT字カミソリを使用していますが時々、カミソリ負けしてしまうことがあります。
 
 
どうにかして肌に優しく髭やムダ毛の処理はできないものか調べました。
 
 

カミソリ負けの原因

 
カミソリ負けとは、乾燥した肌を剃ったり、剃るときに力を入れすぎたり、切れ味の悪い刃で剃ったりしたときに肌が荒れる状態を指します。
 
引用:ジレット公式HP
 
 
 
カミソリ負けの原因は、乾燥した肌を剃ったり、剃る際に力を入れすぎることで発生します。
 
また、何度も同じ場所を剃ることもカミソリ負けの原因となります。
 
切れ味の悪い剃刀を使用すると、一度のストロークで剃りきれず、同じ場所を何度も剃ることによってお肌を傷めてしまうからです。
 
 
男性は髭剃り中に、平均して170回ストロークします。このうち約120回は同じ場所を剃っていることになります。つまり、すでにシェービングフォームが剃り取られ、潤滑作用が低くなった状態でストロークを繰り返していることになり、肌荒れしやすくなります。 
引用:ジレット公式HP
 
 

予防対策するには?

・シェービングフォームやクリームを使用し、肌を保護しながら毛を柔らかくして、カミソリの刃が滑りやすくする。
 
・力を入れすぎないようにするためにも、切れ味の良いカミソリを使用すべきなので適宜、刃を新しく交換して切れ味の良いカミソリを使用する。
 
・剃り終わった後は、アフターシェーブローションやジェルなどでしっかり肌を保湿する。
 
 
出来るだけお肌にを傷めずに剃りたいので、気をつけたいですね。
 
 

カミソリの刃は何枚刃がいいのか?

替刃
 
T字のカミソリは、ついつい旅行先などでもらえるアメニティの剃刀を持ち帰ったものを使用してしまいます。
 
 
プラスチックの柄に二枚刃のついているものが多いですよね。
 
 
ビジネスホテルなどの二枚刃のカミソリでも十分剃ることはできます。
 
 
しかし、ちょっといいT字カミソリは刃の枚数が5枚刃以上の商品が多いです。
 
 
この刃の枚数には、どのような違いがあるのでしょうか?
 
 
 
 
ジレットの公式HPによると、
 
複数刃のカミソリは、手がハンドルを押し下げることで生じる負荷を、それぞれの刃に均等に分散させます。
 
 
刃が適切な間隔で取り付けられている場合、刃の数が多くなればなるほど、負荷が効率よく分散されることになります。
 
3枚刃でなく、5枚刃(適切な間隔で取り付けられている場合)を使用すると肌の膨らみを効果的に抑えることがわかっています

シェービング中の肌を平らに保ち、膨らみは30%以上も減少するのです(フュージョンとマッハシン3の比較)。

そのため、5枚刃のカミソリは、3枚刃に比べ、より肌に密着した快適なシェービングを実現すると共に、肌を痛めるリスクを減らすことができるのです。

 
 
 

結論

 
肌への負担をより少くするには、カミソリの刃の枚数が多い方がいいということがわかりました。
 
 
 

替刃の交換時期と価格について

カミソリの替刃は結構高いので、ついつい刃の交換時期を先延ばしにしてしまいがちです。
 
 
ズボラな私はついついお風呂場に剃刀をそのまま置いてしまって、いつの間にか錆びています。
 
 
カミソリ自体も一体いつから使っているのかよく気にしていません。
 
 
なんとなく剃りにくくなってきたり、見るからに刃が錆びて傷んできた時に交換しているだけでした。
 
 

カミソリの最適な交換時期とは?

 
カミソリメーカー大手3ブランド(貝印・シック・ジレット)を調べてみました。
 
 
貝印公式HPより
 
ヒゲの太さ、密度、硬さ、シェービングの頻度など、条件がさまざま異なるので、一概に正解とは言い切れませんが、貝印では「2週間」を目安に替刃交換を推奨しています。
 
シック公式HPより
 
髭の濃さや硬さ、剃り方によって様々ですが、平均して2週間ごとのお取り替えを目安にしてください。ただし、床に落としたり物に当ててしまったりした場合は、刃の装着がずれたり刃先が損傷している危険があり、肌を傷める原因になるので、新しい刃と交換してからご使用ください。
 
 
ジレット公式HPより
 
フュージョン プログライドとプロシールド替刃は、どれも最長1か月まで使用できます。*替刃の消費データに基づく使用可能期間。ジレット調べ。ヒゲの濃さ、使用頻度、使用法などによって異なりますが、スムーサーの色が白っぽくなったら交換時期の目安です。
 
 
 
 
各メーカーが推奨する交換時期は、大体の目安として2週間〜1ヶ月程度でした。

使用頻度などによっても変わってきます。

ちなみに今回ご紹介するカミソリの替刃のサブスク「GALLEIDOシェービング」も2週間の交換を推奨しています。

カミソリの替刃の交換時期
 

結論

 
切れ味と肌への負担軽減を考えると、約2週間で交換するのがベストです。
 
 
 

カミソリの替刃の価格について

カミソリの替刃って結構お高いですよね。
 
店頭で見ても2週間ごとに交換するには結構ためらわれて、交換を先のばしにしてしまいそうです。
 
替刃の価格
 

 
 

 
 

カミソリのサブスク「 GALLEIDO SHAVING MEMBER 」

カミソリのサブスク
 
 
 
カミソリの替刃のサブスクサービス(定期購入)です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

galleido_official(@galleido_official)がシェアした投稿

 
 
 

カミソリのサブスクのサービス内容

プランについて

カミソリのサブスクプラン
 
余程の頻度で使用しない限りは、1ヶ月に替刃が2個で約2週間ごとに交換できるエコノミープランで足りるかと思います。
 
よりお得なプレミアムプランもありますが、こちらは12ヶ月継続使用が条件となり途中解約できないため、まずはエコノミープランから始めることをオススメします。
 
 

特徴

カミソリのサブスクの特徴
 
・初回本体無料
 
・送料無料
 
・5枚刃の替刃が業界最安値の1つ166円〜(プランによります)
 
・購入金額の10%ポイント還元
 
・替刃のあまりがある時はスキップが可能
 
 

替刃の価格の理由

替刃の価格の安い理由

仲介業者を通さず直接、会員に販売しているから低価格を実現しています。

 

製品について

カミソリの替刃

ストロークを少なくして肌に触れる回数を減らせる5枚刃です。

スムーサーにもこだわっています。

 

Q&A

定期便の休止は可能ですか?

はい。1回分のスキップが可能です。

女性も利用可能ですか?

はい、可能です。一度お試しください。

 

 

メリットとデメリット

メリット

・業界最安値でコスパ良し
 
・初回登録時は、剃刀本体が無料で貰える
 
・替え時がわからないままズルズル使用せずに交換できる
 
・替刃を買い忘れない
 
・メーカーや種類を忘れてどの替刃を買えばいいか迷わない
 
・購入金額の10%ポイントがたまる
 
・あまり使わなくて替刃が余っていた場合、定期配送をスキップ可能
 
・ポスト投函なので手軽に受け取れる
デメリット

・剃刀が1種類のみ
 
・配送スキップ・ポイント利用・解約したい時の連絡手段が電話のみ

メリットとデメリットはありますが、サービス内容はとても手軽で魅力的です。

ワンコインで始められてポストに届く、替刃も格安なので替刃代のコストを削減できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

galleido_official(@galleido_official)がシェアした投稿

 

はじめられた方の感想をみてみると、やはり切れ味のいいカミソリを常に使えることになるのが良さそうですね。

 

まとめ

メリットとデメリットを考えてみましたが、デメリットのスキップやポイント充当・解約の連絡が電話でしかできないことは、ホームページのマイページからできるようになることを今後期待したいですね。

ポストに気軽に届き、格安で利用できることで日頃の手間を1つ解決できそうです。

一度、身の回りで日常使用するアイテムのサブスクサービスを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA