キラキラした毎日を送りたい

コストコで絶対買うべきコスパ最高商品【リンツのリンドールチョコレート】

リンドールTOP

コストコ会員になって15年以上の我が家がリピートしているオススメ商品をご紹介します。

リンツの【リンドール】

チョコレートブランドで有名なリンツ

リンツといえばカラフルでたくさんの種類のフレーバーが販売されているリンドールを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

リンツとは?

リンツとは、スイスに本社があるチョコレートなどを製造・販売している会社です。

日本でも有名ですが世界中にショコラカフェやショコラブティックを展開しています。

リンツ&シュプルングリー(ドイツ語: Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG, ショコラーデファブリーケン・リント・ウント・シュプリュングリー、通称リンツ)は、スイス・チューリッヒ州キルヒベルクに本社を置き、チョコレートを中心とした菓子の製造・販売や、関連店舗の運営を行う企業。子会社を含め多くのチョコレートブランドを保有する。スイス証券取引所上場企業。日本法人はリンツ&シュプルングリージャパン株式会社

引用:wikipediaより

リンドールとは?

リンツの代表的なチョコレート商品です。

コロンと丸いフォルムのチョコの中に、口の中でとろけるフィリングが包み込まれているトリュフチョコです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lindt Chocolate Japan(@lindt_chocolate_japan)がシェアした投稿

リンドールが誕生したのは、60年以上も前のことです。おいしいチョコレート作りにその卓越した技術と情熱を注ぎこむリンツのメートル・ショコラティエの手によって生み出された、この非常にユニークな2層構造のチョコレートは、極上のチョコレートの象徴である「リンツ」の名と、フランス語で金を意味する「オール」を組み合わせ、「リンドール」と名付けられました。以来、この究極のなめらかなチョコレート体験が人々を魅了し、誕生して60年を超えた今では、そのバラエティーも増え、リンツのチョコレートの中でもっとも親しまれている製品として、世界中で愛され続けています。

引用:リンツ公式HPより

デパートやショッピングモールなどでリンツのショコラカフェやショコラブティック(チョコの販売のみの店舗)をよく見かけます。

ショコラブティックでは、見るだけでワクワクするリンドールのたくさんのフレーバーの量り売りが有名です。

リンドールの価格

そんなリンツの代表作「リンドール」ですが、最近では直営のお店以外にも小分けのパックなどでカルディやスーパーの輸入菓子コーナーなどでも販売されているのを見かけます。

スーパーでは、リンドールが5個で486円(税込)で販売されていました。

1粒あたり、約97円です。

 

私はリンドールが大好きで、近所の百貨店内にあるショコラブティックで、ちょっとしたご褒美として、子供達と量り売りで購入しています。

ちょっとしたご褒美というのも、美味しいだけにやはり普段のおやつにするには少々お高いです。

公式オンラインショップでは、リンドール10粒、933円(税込)で販売されています。

1粒あたり約99円です。

1粒99円では、子供のおやつに何個も食べさせるにも、たくさん買うのもなかなか大変です。

我が家では特別なおやつになっています。

そんなリンツのリンドールですが、コストコでとってもお得に購入することができます。

 

コストコで販売しているリンドール

コストコでは、600g入りのBOXが販売されています。

なお、コストコではこれまでの経験上、真夏になるとチョコレートの取り扱いがあまりなくなります。

リンドールも真夏には売っていなかったことがあるのですが、それ以外のシーズンならば種類の差はあるもののだいたい販売されています。

タイミングによって入荷しているBOXの種類が変わります。

上記の画像はバレンタインシーズンのもので一番、種類が多く販売されていました。

普段は、定番の金色のアソートBOXが売られています。

リンドールアソートBOX

一番よくみかけ、我が家も一番よく購入しているゴールドのアソートBOXです。

  • 赤色のミルク
  • 青色のダーク
  • 茶色のヘーゼルナッツ
  • 金色のホワイト

の4種類のリンドールがそれぞれ12個ずつ合計48個入ったお得なBOXです。

コストコでの販売価格は、時期によって変動があります。

2021年5月現在は、ゴールドのアソートBOXは、1,738円でした。

ストロベリーや抹茶単体のBOXが販売される時がありますが、価格が少し高めになることがあります。

だいたいこれまでどのBOXも1,600〜1,900円の間ぐらいにはおさまる価格です。

ゴールドのアソートBOXで見てみると、1,738円÷48個=36円で

1個あたり約36円になります。

通常のリンドールが1個100円ぐらいするのでだいぶお得です。

ごく稀にコストコの割引対象商品になることがあります。

このタイミングに遭遇したら、即買です。

現在、コストコで販売されているリンドールはイタリア産です。

以前は、アメリカ産だったこともありますがここ2年くらいの間はずっとイタリア産です。

 なぜ安いのかは、直営店で購入するとスイス産だという話もありますが、リンツの公式HPで販売されているリンドールの産地を見てみると・・・

画像引用:リンツ公式オンライン ショップHP

こちらは、リンツの公式オンライン ショップのリンドールギフトボックス100個入りという商品の詳細です。

こちらを見てみると、産地に関してはイタリア・スイス・アメリカと書かれており、特にスイス産だけではなさそうです。

単体の商品はイタリア産の記載の商品が多いです。

また、リンドール以外のチョコレートは、フランス産のなどもあるので世界のいろいろなところで生産しているようです。

そのため、コストコのリンドールだけがイタリア産だから安いという訳ではないように思います。

これまでにコストコで購入した他のBOXは、シルバーのアソートBOXがあります。

こちらは、4種類のチョコの内容がゴールドのBOXと違っていて抹茶が入っていたりするので、販売しているタイミングに出会えたら気分でこちらを購入することもあります。

また、ミルクやストロベリー・抹茶単体だけのBOXもあります。

単体のBOXはいつでも販売されている訳ではないですが、出会えた時はお気に入りのフレーバーが決まっている方にはおすすめです。

我が家は、上の子がストロベリーが大好きなので見つけた際は購入しています。

リンドールの楽しみ方

コストコで購入できるリンドールは上記の種類のみしか見かけたことがないため、フレーバーが限られています。

残念ながら、リンドールの魅力であるたくさんのフレーバー全てを楽しむことはできません。

ミルクやホワイトなど定番の味はコストコでお得に楽しめるので、直営のショコラブティックではいつもは食べられないフレーバーを量り売りで購入することを楽しんでいます。

ブルーベリー・マンゴーなどのフルーツフレーバーやミントやナッツ・また季節の商品などもとっても美味しいです。

コストコで買えないフレーバーを安く買う方法

リンツにはアウトレットショップがあります。

三井アウトレットパークや御殿場やあみなどのプレミアムアウトレットに出店しています。

量り売りのリンドールを個数・重さによって割引価格で購入することができます。

たくさん買うと割引律が上がります。

100g・・・5%
200g・・・10%
300g・・・15%
400g・・・20%
500g・・・25%OFFで購入できます。

リンツのアウトレットショップでは、クリスマスやバレンタインなどの季節の限定パッケージ商品がシーズンオフ時にアウトレット価格で販売されています。

私はどちらかというとこちらの方が楽しみで、可愛いパッケージのギフト商品などが50%割引などの激安価格で販売されているのに出会えることがありますよ。

まとめ

コストコ会員になって約15年ほどになりますが、このリンツのリンドールはコストコで購入すべきコスパ最高のアイテムです。

我が家では、なくなりそうになると必ず購入している商品で、子供達も大人も大好きです。

ちょっと贅沢気分を味わえるおやつとして、子供達には1日に1個ずつだよと話しながらちょこちょこ食べてしあわせをかみしめています。

とっても美味しいし、見た目も可愛いので個包装にしてプチギフトにしたりもできて、本当におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA