キラキラした毎日を送りたい

バターコーヒーダイエット【シリコンバレー式】完全無欠バターコーヒーの材料は?

バターコーヒー ダイエット材料

シリコンバレー式バターコーヒーダイエットを始めることにしたので早速その作り方を調べていきます。

基本的なレシピは下記の本の通りに準備していきます。

デイヴ・アスプリー著 「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」

 
シリコンバレーで成功したITの寵児が、 膨大な年月と費用を投じて世界中の食とダイエットを研究しつくし、 脳科学から栄養学、生化学まであらゆるエビデンスを総合、 自らの体まで「ハック」し尽くして答えを出した「食と体の真実」とは?
 
 

バターコーヒーの材料

  • グラスフェッドバター or ギー

  • MCTオイル or ココナッツオイル

  • コーヒー

    この3点があればOKです。

完全無欠コーヒーレシピ

  • 良質なコーヒー豆で淹れた熱々のコーヒー ・・・ 2杯

  • グラスフェッド無塩バター(ギー) ・・・ 大さじ2まで(空腹感により調整)

  • MCTオイル(ココナッツオイル) ・・・ 大さじ2まで(空腹感により調整)

 

材料を集めよう

グラスフェッドバター

グラスフェッドバターについて

グラスフェッドバターとは、牧草のみで放牧飼育された牛乳から作られたバターのことで脂溶性ビタミン・抗酸化物質・ヘルシーな脂肪・ビタミンA・E・D・Kをたっぷり含有しているバターになります。

国産で販売されているもののほとんどは穀物飼料を与えられて育った乳牛のミルクから作られているものがほとんどでなかなかグラスフェッドバターを一般のスーパーで入手することは困難です。

普段意識して探してみてもなかなか見つからないのですが最近はバターコーヒーが流行ってきたのもあって成城石井や一部の輸入食品を扱うスーパーなどで見かけるようになってきました。

ただ、なんせお高い…グラスフェッドバターはなぜこんなに高いのか。

関税の問題もあるのかもしれませんが国産の普通のバターと比べるとお値段5倍くらい違います。

スーパーなどでよく見かけ、お菓子作りの際などによく購入する雪印の無塩バターを見てみます。

雪印バター

200g メーカー希望小売価格は434円です。

では、次に下記のグラスフェッドバター、Amazonで販売されているスイス産の同じ200gのものと比較してみます。

グラスフッドバター

送料無料な分価格が高くなっているかと思いますが200g 2,300円です。

オーガニックだから高いのか、スイス産だから高いのかそれは不明ですが関税だったり、配送もクール便となるためお高くなってしまうのかもしれません。

ですが、配送料がある分単純に比較はできないと思われるかもしれませんがなかなか売っていないので送料を含めネットで購入するしかないのが現状です。

そのため送料も価格のうちな気がします。

味の違いを試してみたいという感じですとまずは小さいのをお試しに買ってみてもいいかもしれませんが、割高になるのでどうせなら大きい方がお得です。

私が最初に買ったグラスフェッドバターは、ニュージランド産のもので1kg 3,000円前後の価格でした。1kgはなかなかの量となりますが、小分けにして冷凍しておけば大きい塊なら1年くらいは大丈夫です。

 

また、『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』にも書かれているように無塩のグラスフェッドバターを煮詰めて作るギーが最高と書かれていました。

ギーも最近は市販されているのを見かけるようになりましたがやはりなかなかスーパーで売られているのは見かけず、カルディなど輸入食材を扱うお店に置いてあることがあります。

ギーもネットで購入できますのでこちらを買ってみてもいいと思います。

ただギーも200gで2,000円近くしますのでなかなかお高いですよね。

 

 

バターコーヒーダイエットに使用するとなると毎朝、大さじ1〜2杯分のバターが必要となります。

ダイエットを継続していく覚悟があるのなら一番お得なのは業務用のものを購入するのが最もお安くなります。

私は今回、もう覚悟を決めてこの業務用の5kgのグラスフェッドバターを購入しました。

 

 

5kgで現在、1万円前後の価格ですが200gのバターを25個分購入するのと同じなので 


10,000円 ÷ 25 = 400円

1個あたり400円になるので市販の普通のバターと同じくらいの価格で手に入れることができます。

5kgという量が最大のネックとなってきますが、バターは大さじ1杯が約12gとなります。

毎日大さじ2杯、約24gずつ食べるとするとだいたい200gのバター1箱分が8日でなくなる計算になります。

そのため、5kgのバターは200日分のバターコーヒーの材料ということになります。

これが多すぎるかどうかはダイエットをどれぐらい継続するかなどによって捉え方が変わるかと思います。

価格の面から考えると断然、業務用がお得ですが別に全てをバターコーヒーに使わなくてもいいのでお菓子作りや料理などに使用してもとても美味しいですよ。

 

MCTオイルについて

オイルについてはココナッツオイルでも代用できますがココナッツオイルはココナッツの香りがするためコーヒーがココナッツ風味になります。

そのため好みが分かれるところだと思いますが私はココナッツが大好きなんですがやはりコーヒーはコーヒーとして飲みたいので無臭のMCTオイルをお勧めします。

シリコンバレー式の著者もMCTオイルを一番お勧めしています。

MCTオイルは最近、少しずつ種類が増えてきたので価格などで選んでください。

私はこれを使っています。

 

これまでに他のMCTオイルも購入したことがありますが今のところこの商品が内容量と価格から考えて一番コスパがいいと思います。

コーヒーについて

コーヒー

コーヒーが意外にも一番どうするか迷うところでもあるのですが、本には高品質なコーヒー豆を勧めていて、それはカビ毒の毒素が出来るだけ少ないコーヒーを選ぶように勧められています。

どのように探せば良いかと言えば自家焙煎機のあるような自宅近くで一番の高級店にならある確率が高いと書かれているのですがそんな高級なコーヒー豆を挽いたコーヒーを毎朝飲むような優雅な生活はシリコンバレーのIT富豪だからこそできるのであって私には無理でした。

ですのでコーヒーに関してはもう自分の好みと許せるラインのコーヒーを使ってしまっています。

ネット以外でお安く材料を揃えるには?

輸入食材スーパーでの取り扱いはあるもののやはり割高になります。

それでは、コストコはどうか?

残念ながらグラスフェッドバターの取り扱いは今の所まだありません。

ただ、イージーギーとMCTオイルはコストコで販売されています。

時期によって売り切れや取り扱いがない場合がありますが、私が先月行った際はこの2点は販売されていました。

価格もだいぶお得でギーは通常200gで2000円くらいしますがコストコは300g入りです。

ギー

また、MCTオイルも300円くらいAmazonより安かったです。(2019年6月現在) MCTオイル

お近くにコストコがある方は探してみて下さいね。

バターコーヒー ダイエットとは

 

 

 

 

 

]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA